HOME  IR(イール)の定款

IR(イール) 定款

第1章 総則
第1条 この団体は IRという
第2条 この団体は、主たる事務局を
  福岡市城南区別府4−3−12−407に置く

第2章 目的及び事業
第3条 この団体は、相互学習、相互研鑽により、会員が自己実現と社会貢献を両立しうる自律した女性となり、新たな社会の創生に資することを目的とする
第4条 この団体は、第3条の目的を達成するため、次の事業を行う
1)催事や定期的な勉強会・交流会
2)Webサイトを利用した情報提供

第3章 会員
第5条 この団体の会員は、IRの目的に賛同して入会した女性
会員は登録フォームの受理、会費の受領をもって入会とする
第6条 会員資格の喪失
1)退会届を提出したとき
2)本人が死亡したとき
3)総会の決定で除名されたとき
4)この団体が消滅したとき
5)会費を指定の期限内に納付しなかったとき
第7条 会員は、役員会に退会届を提出して、任意に退会することができる
第8条 会員が次の各号の一に該当するに至ったときは、総会の決議によりこれを除名することができる。この場合、その会員に対し、議決の前に弁明の機会を与えなければならない
1)定款等に違反したとき
  2)この団体や会員の名誉を傷つけ、または目的に反する行為をしたとき

第4章 役員
第9条 この団体に次の役員を置く
1)代表 1 名   代表者:藤岡 章子
2)役員 3 名
第10条 代表及びその他役員は 総会において選任する
第11条 代表はこの団体を代表し、その業務を総理する
第12条 副代表は代表を補佐し、代表が欠けたときはその職務を代行する
第13条 役員会はこの定款の定め及び、総会の議決に基づき この団体の業務を執行する
第14条 役員の任期は1年とする ただし、再任を妨げない
第15条 補欠のため、または増員によって就任した役員の任期は、それぞれの前任者の任期の残存期間とする
第16条 役員は 就任または任期満了後においても、後任者が就任するまでは、その職務をおこなわなければならない
第17条 役員が次の各号の一に該当するに至ったときは、総会の議決により これを解任することができる。この場合、その役員に対し、議決する前に、弁明の機会を与えなければならない
1)心身の故障のため、職務の遂行に耐えられないと認められたとき
2)職務上の義務違反その他役員としてふさわしくない行為があったとき
3)辞任届を提出したとき

第5章 総会
第18条 この団体の総会は 役員会の1種とする
第19条 総会は 役員をもって構成する
第20条 総会は 以下の事項について議決する
1)定款の変更  2)解散  3)合併  4)事業報告及び収支決算  5)役員の選任、解任  6)会員の除名

第6章 役員会
第21条 役員会は 月2回行う  または代表が召集するとき
第22条 役員会は 役員をもって構成する
第23条 役員会は 以下の事項について決定する
1)催事・勉強会・交流会の計画・実践
2)事業計画・収支計画
3)Webサイトの運営

第7章 資産の構成
第24条 この団体の資産は 次の各号に掲げるものをもって構成する
1)設立当初の目録に記載された資産
2)会費(会費、催事や事業に伴う収入)
3)寄付金
4)その他の収入
第25条 この団体の資産は代表及び役員が管理する
第26条 この団体の会計は 役員の会計係りが行う
第27条 この団体の収支予算は 役員会で作成し、総会の議決を得る
第28条 予算費を使用するときは、役員会の議決を経なければならない
第29条 各報告書は役員会及び総会の 議決を経なければならない
第30条 この団体の活動開始年度は 平成19年3月とする

第8章 定款の変更、解散
第31条 この団体の定款を変更すようとするときは、総会に出席した会員の4分の3以上の多数による議決を経、役員会の認証をえなければならない
第32条 この団体は次に掲げる事由により 解散する
1)総会の決議  2)会員の欠亡  3)合併  4)破産

第9章 附則
1)この定款は、2007年3月27日より施行する
2)この定款は、2007年10月27日より一部改正して施行する

IR 公告の方法・ホームページの規約

個人情報保護に関する基本的な考え方

目標達成の会 IR(以下、IRと称します)では、IRの「個人情報保護方針」にもとづき、個人情報保護に関する法令を遵守するとともに、個人情報の取り扱いに細心の注意をもって臨み、弊社に対する信頼を確立、期待に応えるように努めます。

IR 個人情報保護方針

IRは、会員や取引関係者等、IR業務と関わりのあるすべての関係者の氏名、住所、電話番号等、個人を識別できる情報(以下「個人情報」と称します)について、その適切な保護が非常に重要であると認識しています。
IRは、常に社会的責任を認識し、プライバシーの保護、個人情報に関する法規制等を遵守し、事業活動を行うために、以下の基本方針を制定します。
1.IRは、個人情報の取得に際して利用目的等を可能な限り特定し、適法かつ公正な手段でこれを取得します。
2.IRは、取得した個人情報を利用目的の範囲内で、業務に必要な範囲に限定して利用します。この範囲を超えて個人情報を利用する必要が生じた場合には、法令により許される場合を除き、その利用について、情報主体(個人情報の本人様)の同意を得るものとします。
3.IRは、個人情報を取り扱うにあたり管理責任者を置き、個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、改ざん、漏洩等が発生することのないように、適切な管理に努めます。
4.IRは、情報主体の同意を得た場合または法令により許された場合を除き、個人情報を第三者に提供しません。また、個人情報を第三者に提供する場合には、契約等により個人情報の管理を義務付け、その第三者からの漏洩、再提供の防止などに努めます。
5.IRは、情報主体が自己の個人情報について、開示、訂正、追加または削除を希望される場合には、合理的な範囲で、すみやかに対応します。
6.IRは、個人情報の保護に関する各種法令、規則等を遵守するとともに、上記の項目における取り組みを継続的に見直し、その改善に努めます。
7.IRは、この方針を、IRの役員、会員および関係者に周知徹底することによって、一人ひとりがその重要性を認識し、実行する風土づくりに努めます。

個人情報の収集目的について

個人情報を提供いただく場合は、原則として、IRのサービスおよび関連情報を提供または改善、お問い合わせに対する回答の目的に限り、利用できるものとします。(なお、サービス毎に利用目的が明示されている場合は、その利用目的に従った利用を行います。)それ以外の目的で利用する場合は、個人情報をご提供いただく際に、予めその旨を明示します。

個人情報の開示・訂正・削除請求に関する手続き

ご提供頂いた個人情報に関する各請求手続きの概要は次のとおりです。なお、詳しい内容については、個人情報を提供された部門にお問い合わせください。
※不明な場合は、IR代表までお問い合わせください。
(1)ご請求について
請求を希望される場合には、個人情報を提供された部門(ウェブの場合はウェブサイトの管理部門)にお問い合わせ下さい。請求のための所定用紙をお送りいたしますので、ご記入のうえ郵送にてご提出ください。なお、個人情報の漏洩を防ぐため、個人情報のご本人からのご請求にのみ、対応させていただきます。(ただし、法定代理人はのぞく。)
(2)ご提出頂くもの
請求者がご本人であることを確認するため、所定の請求用紙に加え、運転免許証、住民票の写しのうち1通をあわせてご提出ください。
(3)ご回答方法
お受けしたご請求については、登録内容の確認を行い、後日、ご本人に対し、直接、郵送にて、ご回答申し上げます。 請求がご本人からなされているとの確認ができない場合、ご回答を差し控えさせていただくこともございますので、ご了承ください。また、迅速にご回答差し上げるよう努めますが、回答の正確性を確保するため、ご回答までにお時間がかかることもございます。予めご了承ください。

個人情報に関するお問い合わせ

個人情報に関するその他のお問い合わせについては、IRへお問い合わせください。
※不明な場合は、代表までお問い合わせください。

アクセスログについて

IRのWebサイトでは、アクセスされた方の情報をアクセスログという形で記録しています。
アクセスログは、IPアドレス、Webブラウザや OSの種類、アクセス日時などが記録されておりますが 個人情報との連携に使用するものではありません。このアクセスログにおいて、お客様の「個人情報」を特定することはできませんのでご安心ください。

リンク先における個人情報の保護について

IRのWebサイトにはIR及びIR以外のWebサイトへのリンクが含まれている場合があります。IRはIR以外のWebサイトにおける個人情報の保護及びコンテンツに関する責任は一切負うことはできません。

IR会費の内規

1.会費は、4月〜9月、10月〜翌年3月の2期制とする
2.各期(半年)の会費は、1,500円とする
3.納金は、IR口座への振込み、または代表に手渡しとする。ただし、振込み手数料は入金者負担とする
4.会期途中で退会した場合、いかなる理由であっても、会費の返金は行わない
5.会費制度の導入は、2008年4月1日からとし、2008年3月31日までの入会者を含む全会員を対象とする

IR会員資格の内規 会員資格(それに反する例)

1.会を利己的に使用せず、自分と他のスタッフの成長、そして会の成長をバランスよく視野に入れられること
(自分の利益だけを追求すること)
2.会の趣旨を理解した上で、自分は何に貢献できるかを考え行動する意思があること
(会の趣旨を理解しないこと)
3.規約や定款を守り、自己管理できること
(感情で、活動のレベルが変わること)
4.任された業務、引き受けた活動は、責任をもって遂行できること
(プロ意識を持たないこと)
5.専門分野、得意分野ではない活動にも協力できること
(チームワークを軽視する人・スタンドプレーを行うこと)
6.案に反対の場合でも、代替案を出すなど建設的な行いをすること
(批判だけすること)
7.団体及び、会員個人の名誉を傷つける行為をしないこと
(ゴシップを流すこと)
8.会員に対して、宗教・販売・勧誘活動を行わないこと
9.会を通して知りえた情報を流さないこと
(守秘義務に違反すること)






問合せ : 〒814-0104 福岡市城南区別府4-3-12-407 
E-mail : ir@ir2007.net   URL : http://www.ir2007.net